Laravelで認証機能のエラー。app直下に作ったディレクトリにモデルを格納したら解消した

モデル

Laravelでphp artisan make:authで認証を実装した時にエラーが発生したので、対処した方法をメモしておきます。

登録画面から登録しても登録できませんでした

以下を実行して解決しました。

  1. auth.phpの修正
  2. Userモデルの修正

原因はapp直下にディレクトリに作成し、そこにモデルを格納していたから、でした。

php artisan make:authで認証機能の実装

認証機能を実装し、諸々のファイルを作成します。

 

登録画面で登録してみるもエラーが出た。

 

appの直下にモデルを格納するModelsディレクトリを作成し、モデルは全部そこに放り込んでいたために起こったエラー。

指定されたところを見にいってるけど、ファイルもディレクトリもないんだけど?ってエラーですね。実際、UserモデルをModelsディレクトリからapp直下に移したらエラーは解消されました。

auth.phpファイルの修正

appの直下に作成したModelsディレクトリにあるモデルを見にいくようにしてあげます。

ぼくの場合、以下の通り。

/config/auth.php

 

Userモデルの修正

最後に、Userモデルの名前空間を修正します。

 

これでエラーが解決しました!

モデル

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

正社員SESエンジニア。やりたいことが見つからないので4年間で5回転職しました。今はプログラミングスキルを磨いています。業務委託としてWeb系スタートアップにアサインし、新規Webサービスの開発もしています。使用言語はLaravel。未経験からエンジニアを目指す情報発信しています。