LaravelでSequel Proを使ったMySQLのデータベース接続(Mac/初心者向き)

LaravelとMySQL

LaravelでMySQLを使えるようにしてみました。

順序としては、こんな感じになるかなと。参考になれば幸いです。

  1. Xcodeのインストール
  2. Homebrewのインストール
  3. MySQLのインストール
  4. MySQLでデータベースの作成
  5. Sequel Proのダウンロード
  6. Laravelの.envファイルの修正
  7. Laravelのdatabase.phpファイルの修正
  8. Laravelでマイグレーション(php artisan migrate)

Xcodeをインストールする

MySQLをインストールする方法を調べたところ、ほとんどの方がHomebrewを使っていたので、Homebrewを使ってインストールを試みます。

HomebrewをインストールするにはCommand Line Tools for Xcodeが必要らしい。

XcodeCommand Line Tools for Xcodeを含んでいるので、XcodeをインストールすればCommand Line Tools for Xcodeも自動的にインストールされるようです。(※Xcodeのバージョンが6.1以降の場合←2018年8月で最新版が9.4とかかな?これから)

 

とりあえずはApp StoreからXcodeをインストールしましょう。App Store

Xcode

 

赤枠からインストールしましょう。(ぼくはすでにインストール済みなので「開く」が表示されています)

Xcode2

 

ちなみに、XcodeはiOSアプリを開発するために必要なツールですが、開発しない人はCommand Line Tools for Xcodeのみをインストールすることも可能です。

詳細はぼくが説明するよりポテパンさんの記事をご覧いただいた方がよろしいかと思いますのよろしければご覧ください。

ポテパンさんの記事:Xcodeでcommand line toolsの導入・確認方法を徹底解説します!

 

Homebrewをインストールする

XcodeCommand Line Tools for Xcode)をインストールしたので、Homebrewをインストールしましょう。

Homebrewで「インストール」に書いてあるスクリプト(コマンド)をターミナルにコピペすればインストールできます。

Homebrew

 

インストールされているか確認するため、Homebrewのバージョンを調べてみましょう。問題なくインストールできていれば、以下のような実行結果が出ます。

 

MySQLのインストール

Homebrewの準備ができたので、MySQLをインストールします。

 

インストールできているか念のために確認しましょう。

MySQLの5.7が入っているのがわかります。

 

バージョンが確認できたら、MySQLを起動してみます。

起動に成功しました。

 

停止のコマンドと実行結果は以下の通りです。

 

MySQLが起動している状態で、ログインしてみます。初期設定では、ユーザー名がrootでパスワードは設定されていませんので、以下のコマンドでログインできます。

mysql> と表示されていればログインに成功しています。

 

データベースの作成

次はデータベースを作成しましょう。データベースを作成するコマンドは以下です。最後の「;」を忘れないようにしましょう。

 

ここではデーターベース名は「lara_data」とします。

 

データベースを作成できたら、作成したデータベースを確認してみます。

 

たぶんこんな感じになっているはず。

ちなみに他の4つのファイル(information_schema、mysql、performance_schema、sys)は大切なファイルっぽいのでご注意を。

 

確認できたらログアウトしましょう。

 

Laravelの.envファイルの修正

Laravelの.envファイルを修正します。修正箇所が3箇所あります。

  1. DB_DATABASE=homestead を先ほど作成したデータベース名に。
  2. DB_USERNAME=homestead  をデフォルトのユーザー名の「root」に
  3. DB_PASSWORD=secret  はデフォルトはパスワードが決まっていないので何も記述しません。

 

Laravelのdatabase.phpファイルの修正

config / database.phpファイルを修正します。

 

 

Sequel Proでデータベースに接続する

Sequel Pro の出番です。

Sequel Proからダウンロードしてください。

Sequel Pro

 

Sequel Proを起動した直後の画面で、下の画像のように入力します。

SequelPro1

 

「接続をテスト」を押して、接続が成功すれば下の画像のようになります。

Sequel Pro

「接続」を押下すれば、接続完了です。

 

Laravelでマイグレーション(php artisan migrate)

Laravelでマイグレーションをしてみます。

migrationファイルを作成してカラムを追加してもいいのですが、今回はそのままmigrateを実行してみましょう。以下がコマンドと実行結果です。

 

作成したデータベースを選択します。見つからない場合は、左下の赤枠のボタンで更新をしてみてください。

Sequel pro

 

カラムが作成されているか確認してみましょう。「内容」→「テーブル(今回はusers)」の順にクリックします。下の図のように「id」「name」などのカラムが作成されていたら成功です。

Sequel Pro3

 

カラムに値を追加する。

カラムに値を追加します。下記のコマンドで認証機能を実装します。

 

localhost:8000/registerにアクセスして値を入力していきます。パスワードは6文字以上入力してください。(バリデーションがかかっているから。メールアドレスも***@***.**を守ってね)

login

 

入力できたらRegisterをクリックします。下記のページになれば成功です。

register

 

Sequel Proを内容を更新して見てみましょう。値が入力されているのがわかると思います。

データベーステーブル

 

データベースワケわかんないですね!笑

終わり!

LaravelとMySQL

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

正社員SESエンジニア。やりたいことが見つからないので4年間で5回転職しました。今はプログラミングスキルを磨いています。業務委託としてWeb系スタートアップにアサインし、新規Webサービスの開発もしています。使用言語はLaravel。未経験からエンジニアを目指す情報発信しています。